飛蚊症治療対策サイト!

飛蚊症治療は年齢も考慮して行われる

飛蚊症治療

 

飛蚊症とは文字の示すとおり、蚊のような虫または糸くずに似た浮遊物が飛んでいるように見える症状のことを指す。

 

また、この症状は視線やまばたきによって同じ方向に移動することも特徴のひとつである。

 

その原因は硝子体にあり、大きく先天性と後天性の二つにわけられる。先天性の飛蚊症は本来は母体内で消えるはずの硝子体の組織が消失しなかったことで起こる現象であり、比較的症状も軽いため飛蚊症治療の対象とはならない。

 

後天性のなかで最も多い原因は、老化や近眼に伴う硝子体剥離によるものだ。

 

通常であれば密着している硝子体と網膜が、硝子体が老化や近眼に伴って収縮し剥離してしまい、密着していた部位が硝子体混濁と也上記症状を起こす。この場合も症状が軽く、次第に症状が消退することも少なくない為治療は不要と日本では考えられている。

 

では飛蚊症治療が必要なケースはどのような場合か。それは網膜剥離や網膜裂孔の場合である。それらの場合は、上記症状以外に浮遊物が光ってみえる、量が増える、視野がかけるなどそれまでと違った症状へと移行する。放置すれば失明にもつながる為早急な治療が必要となる。

 

治療方法はレーザー治療が基本であり、網膜剥離にまでいたると硝子体を除去することもある。しかし、両治療とも飛蚊症を完全になくすことはできずあくまでも症状の改善が目標となる。